クイーンズバスルーム おすすめのシステムトリートメント!

クイーンズバスルーム システムトリートメント おすすめの効果とは

クイーンズバスルーム システムトリートメント!おすすめについての情報について調べています。

髪のダメージに対してお悩みの方は多いと思います。
毎日のスタイリングがバッチリ決まると、それだけで1日のモチべーションも上がりますよね!
だけど、なかなか解消されない髪のダメージ・・・。

そんな髪のダメージに、新発売のクイーンズバスルーム システムトリートメントがとても効果的なんです!
その効果をプロの目線で評価しご紹介しますので是非ご覧ください。

皆さんは美容室でトリートメントを施術してもらったことはありますか?
トリートメントについての意見を聞いてみると、
美容師さんに1ヶ月くらい持つと言われたが、実際には長続きしなかった・・・。
パーマ・カラーと同時に施術すると、金額が高くなってしまう・・・。
など、その効果の持続性と、料金についての意見が多いようです!

そこで、自宅でも出来るシステムトリートメントが遂に発売されたんです!!

気になるのは、本当にサロンレベルの効果があるの?だと思いますので、美容師の私がおススメする点をご紹介します。
(配合成分などの詳細はわかりにくいと思いますので大きな特徴をまとめてみました。)

●実際のサロンでも、2STEPのトリートメントは多く使われている!
実際のサロンでも、各メーカーからこのような形態のトリートメントは流通しています。
これまでのホームケアで使用されていた1本タイプと比べ、2STEPに分かれることでそれぞれの目的が明確になり、「成分の分子量の違い」をはじめ、「内部に届ける成分」「外部補修する成分」など、よりハッキリとした効果を実感できます。

●皮膚への低刺激性
私たちプロが施術することに比べて、ご自身で扱う製品ですので頭皮に付くことや、流すときに身体に触れてしまうことが考えられます。
クイーンズバスルーム システムトリートメントは、【STEP1・STEP2】共にパッチテスト・スティンギングテストなどの皮膚刺激性試験を行い、皮膚刺激指数0.0〜2以下の低刺激製品として医学的に証明されています。

●サロン商品も製造している!
私が1番信頼しておススメできる理由がこちらです!
実はこのシステムトリートメントは、実際にサロンで扱う製品を作っている『彩資生株式会社』が製造しているんです!

クイーンズバスルーム システムトリートメント

公式サイトにある(メーカー)の記載をご覧ください。
この彩資生は資生ケミカルという会社で医薬部外品や化粧品を製造販売している会社です。

実際に私のサロンでも彩資生が製造してくれた製品を使用しています。

彩資生

つまり、プロ用の製品を製造する技術力と毛髪のケミカルをしっかりと持った会社が、製造しているということです!!

このように、安心して使え、しっかりと結果を出してくれるトリートメントをご家庭でいつでも使えるというのは、とても嬉しいですよね☆
しっかりとケアされた毛髪はカラーもパーマも綺麗になりますので、是非ご家庭でのヘアケアに役立ててほしい商品だと思います。

ヘアサロンのトリートメントシステムを家庭用に再現したクイーンズバスルーム システムトリートメントは、
公式サイトで6000円で販売されています!

内容量も各240gですので、約40回分!(髪の長さにもよります)
使用頻度は3日に1回〜手触りや毛先の絡まりが気になったら使うようにすると良いと思います。
もちろんダメージ度合いにもよりますが、毎日でも問題ありません。

美容院でのトリートメントの値段は、だいたい3000円前後が相場となっているようですから、このお値段は納得ですよね♪

是非1度お試しください!

クイーンズバスルーム システムトリートメント
クイーンズバスルーム システムトリートメントが自宅でできる!販売サイトへ

クイーンズバスルーム システムトリートメントの使い方と注意点

これまでご家庭用のヘアトリートメント・ヘアパック・コンディショナー・リンスといわれる商品は全て1本でしたので、2種類を使う習慣は無い方がほとんどだと思います。 ここでは、システムトリートメントの使い方と注意点をご紹介しています。参考にご覧ください。

はじめに使い方ですが、
1、シャンプー後よく水分を取ります。
(整髪量など洗い残しがあると浸透の邪魔になってしまいます。また水分量が多いと水滴と一緒に流れてしまったり、水分によって薄まり浸透する量が減ってしまうからです。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2、STEP1を毛先を中心に揉み込みます。数分置くと効果的です。
(毛髪補修成分が毛髪に浸透し、栄養としなやかさを与えてくれます。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
3、軽くすすぎます(5〜10秒でOK)。
(しっかりとすすぐと定着していない成分が流れ出てしまいますので、サッとでOKです。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
4、STEP2を1と同様に塗布しなじませます。
(STEP1で毛髪内部に浸透した栄養分を定着させ、毛髪に保水膜を形成し保湿効果と毛髪を保護してくれます。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
5、いつも通り流します。

いかがですか?簡単に言うと、いつもしているトリートメントを2回する感じですよね!
STEP1やSTEP2についても、STEP1は栄養を浸透させる。STEP2はその栄養を定着させる。このように考えておくとシンプルで分かりやすいと思います。

また、STEP1やSTEP2でコームやブラシを使う場合はダメージ毛が絡まないように荒めのものがおすすめです。

この他にも、スタイルによって「軽めの質感が良い方」「重めの質感が良い方」がいらっしゃいますよね!
そのような仕上がりにする方法も公式サイトでご紹介されていますので是非チェックしてくださいね!

クイーンズバスルーム システムトリートメント

クイーンズバスルーム システムトリートメントの口コミについて

クイーンズバスルーム システムトリートメントは新しい商品のため、まだ口コミはありませんでした。

代わりに、クイーンズバスルーム システムトリートメントに配合されている成分と、気にされる方も多いシリコンについて記載していきますので参考にご覧ください。

Step1全成分
水、セタノール、セテアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、アモジメチコン、エチルヘキサン酸セチル、加水分解ケラチン(羊毛)、ジメチコン、イソプロパノール、ステアルトリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、クエン酸Na、(水添ヒマシ油/セバシン酸)コポリマー、クエン酸、セテス-20、エタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、BG、メチルイソチアゾリノン、香料
Step1の毛髪修復成分として【加水分解ケラチン(羊毛)】が配合されています。
サロンでも多く使われケラチンPPTといわれています。羊毛ケラチンの性質として、人毛のケラチンと似たアミノ酸組成といわれています。

Step2全成分
水、ジメチコン、セタノール、セテアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ジグリセリン、エチルヘキサン酸セチル、メドウフォーム−δ−ラクトン、アモジメチコン、イソステアリン酸PG、イソプロパノール、アミノプロピルジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、ジココジモニウムクロリド、クエン酸、セテス-20、エタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、トコフェロール、香料
Step2の毛髪保護成分として【メドウフォーム−δ−ラクトン】が配合されています。
メドウフォーム−δ−ラクトンは皮膚、毛髪に保水膜を形成します。この皮膜効果で内部の水分・栄養を閉じ込めコンディションを持続してくれます。また外部を補修することによりキューティクルを保護します。

クイーンズバスルーム システムトリートメント

次にシリコンについてです。
以前、ノンシリコンという言葉がとても多く聞かれましたね。
この時にいわれていたことがこちら、
・カラーやパーマが入りにくくなる。
・毛穴を詰まらせ、頭皮に負担がかかる。
 など・・・。

シリコンとは元素記号のケイ素と呼ばれるものです。Siですね。最近ではケイ素水も健康のために人気になっています。
シリコンといえば、美容整形にも使われるほど安全性の高いもので、特に耐熱性耐薬品性に優れています。
また、シリコンの形状は網目状になっていますので完全にコーティングするわけではありません。

ここだけを取り上げてみても日常で役になっていることはたくさんあります。
耐熱性では、ドライヤーやアイロンの熱から守ってくれ、コーティングについては、毛髪にツヤを与え、手触りが滑らかになる等の効果があります。

以前、ノンシリコンシャンプーが流行っていたときも、ノンシリコントリートメントはありませんでした・・・。
シャンプーは、洗い流すもの、トリートメントは補うもの、と考えてみてはいかがでしょうか。

先ほども記載しましたが、クイーンズバスルーム システムトリートメントは、低刺激製品として医学的に証明されたヘアケアですので安心してご使用になれます。

クイーンズバスルーム システムトリートメント

さらに詳しい情報は公式サイトをご覧ください!

クイーンズバスルーム システムトリートメントが自宅でできる!販売サイトへ

このページでは、サイト訪問者の方々が、安い価格、料金で通販や申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、おすすめ、人気、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ぽいんとは?値引きは?返金、返品保証、保障は?などの情報を紹介する予定です。 公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、メリット、デメリットなど、ケースによっては、人気ランキング形式などで比較していきます。 オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうかYouTube、動画NAVERまとめ、@コスメなどからの情報についても調査していきます。